すべての人類は、傷つくことを


【すべての人類は、傷つくことを愛する】…


飯田史彦先生のホームページ http://homepage2.nifty.com/fumi-rin



『〇 人間のもっとも偉大な競争は、 
誰がいちばん傷ついたかについてだ。 あなたよりも、私のほうが傷ついている。誰よりも、私は傷ついている。 

〇 
あなたは、私がどれだけ傷ついているか決して分からないだろう。 が、 せめて、 分かろうとすることはできる。 私の傷の大きさを、 あなたにお話しましょう(あなたは決して信じないでしょうが)。 私の子ども時代は苦難に満ちたものでした。 私の妻はそれを理解しませんでした。 

★ 
私は傷つきやすいのです。 私の問題は誠実すぎることです。 』

舞台オーデイシヨンの審査員は次のように話されます。 

『「苦しみを愛するのは、それによって自分たちが正しいということを感じることができるからだ。 苦しみを愛する人々は、 どんなに自分が深く感じているかということを証明したいのだ。 


見かけの勇ましさと微笑みの下に、 何と深みのある感情の空洞が存在することか! 人々は、自分の苦難の大きさを証明するために激しく戦う。 なのに誰ひとりとして聞いていないと感じてしまう(これはほとんどの場合正しい。 人間は自分のことばかりに夢中になっているから)。』

と話されます。

★ 
オフイステイテイエスの俳優さんは、分かると思いますが、 どんな場面でも俳優は、 キャラクターが競争的な選択をするときは、 人々の苦しみや、 それを証明することの難しさを、 いつも心がけなくてはならない。 


ありがとうございます。 



たった一つの名言があなたの生き方を変える】



努力が楽しくなる名言集【仕事、勉強、人間関係】
【名言集】
あなたのゴール設定に役立って欲しいなう!
スーパーエネルギーマネージャー高峰です。

聴いてみましたという方スーパーエネルギーマネージャー高峰は毎日聴いて、元気もらっています。




🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍🐍
株式会社オフィステイテイエス 高峰 関次郎 - Buzip 東京の社長.tv http://buzip.net/tokyo/office-tts/president/

🌋夢実現😃🍀
思考の限界をあっさり超える、簡単な方法を初公開



ブログ

最近では島高校生野球球児がこの方法で甲子園キップを手に入れていますよ!


🍀🍀🍀
フューチャーマツピング甲子園初出場が決定!17人の島の子が起こした奇跡の物語
最近では島高校生野球球児がこの方法で甲子園キップを手に入れていますよ!

21世紀枠で、
春の選抜甲子園大会へ出場決定

瀬戸内海に浮かぶ、人口3万人ほどの
わずか17人の島っ子たちが
離島・小豆島で起こした奇跡

夢実現する簡単な方法を芸能界で初公開する。


ビジネスの世界だけでなく、
教育、さらには部活指導にまで広がり、

この夏、
全国の中学・高校の進路指導の
先生方がご覧になる

公益財団法人 日本進路指導協会 発刊の
季刊誌【進路指導】’15年夏希号にも、
キャリア教育の実践で使えるワークシート

として実践例が紹介された
神田昌典 開発、日本発の課題達成メソッド
フューチャーマッピング。


実は、このフューチャーマッピングの思考プロセス に、その秘訣が隠されています。と、言われていました。

そこでスーパーエネルギーマネージャー高峰は、かなり前から、著書だけからの学びからの実践であるため完成なものでないかもしれないが、効果ありましたことを報告しておきます。

🍀

『オフィステイテイエスは、この方法を実践してきていました!。

それが、今回の講義でありました。動画は一部です。時間が足りたくて高峰が知るすべてを話せなかったですが参考してください。』

高峰より!

さらに、
NTT、トヨタ、ソニー、人事院
一流組織の方も多くメンバーも実践され、
今年は英語版として、155カ国で
自宅学習通信講座が販売へ。


ビジネスの世界だけでなく、
教育、さらには部活指導にまで広がり、

この夏、
全国の中学・高校の進路指導の
先生方がご覧になる

公益財団法人 日本進路指導協会 発刊の
季刊誌【進路指導】’15年夏希号にも、
キャリア教育の実践で使えるワークシート

として実践例が紹介された
神田昌典 開発、日本発の課題達成メソッド
フューチャーマッピング。


実は、このフューチャーマッピングの
思考プロセス に、その秘訣が隠されています。と、言われている方法でもあります。
動画
🍀


〇 
〒151ー0051 

〇 
株式会社オフイステイテイエス 


6990EBB9-E3E8-4C46-9576-7F2762229F21.png

この記事へのコメント